• Mai Sato

Atherton Twins <Aerial Straps> and Gasya Atheron <Hand Balancing>

Atherton Twins [UK] : Aerial Straps

Andrew and Kevin Atherton are aerial straps artists for Cirque du Soleil. For over 19 years, they have performed in thousands of shows in the U.S. and worldwide. Together they developed and created the most famous duo-straps act in the world.


Shows

- Cirque du Soleil "Paramour" (Hamburg)

- Cirque du Soleil "Volta"

- Cirque du Soleil "Paramour" (Broadway)

- Cirque du Soleil "Zarkana "

- 84th Academy Awards ® (The Oscors)

- Cirque du Soleil "IRIS "

- Cirque du Soleil "Varekai"

- “On The Razzle” By Tom Stoppard.


Gasya Atheron [Kazakhstan] : Hand Balancing

Gasya Atherton is one of the most talented hand balancing artists in the world. She has worked for Cirque du Soleil for over 14 years. Her beauty inspires not only the audience but also other professional circus artists.


Shows

- Cirque du Soleil "Paramour" (Hamburg)

- Cirque du Soleil "Paramour" (Broadway)

- 84th Academy Awards ® (The Oscors)

- Cirque du Soleil "IRIS "

- Cirque du Soleil "Varekai"





*日本語は下に

Q1. How did you start circus?

A1. We (Andi & Kev) began with Cirque du Soleil in 2001, when we were invited to take part in a General Formation at the Cirque du Soleil’s headquarters in Montreal. Casting scouts had approached us a few years earlier, during a World Gymnastics Championships in China. We didn’t know much about the company at the time, but after seeing our first show at the Royal Albert Hall, we knew it was where we wanted to be. We fell in love with it immediately and haven’t looked back since.

Gasya joined the company when our first show, Varekai began touring Australia in 2006. She was 17 years old at the time and straight out of competing for her country in sports acrobatics. We toured together for 4 years before leaving the show to create and perform in Cirque du Soleil’s newest show IRIS, which was probably one of the most beautiful shows Cirque du Soleil has ever created.

Q2. I heard you’ve worked for Cirque du Soleil over 19 years and have never been out from the show. How do you take care of yourselves?

A2. Kevin has never missed a single performance. I, unfortunately have missed several performances, as I wanted to be present for the birth of my children with Gasya. I don’t regret this at all. When it comes to both health and diet, we all have a very balanced routine. We eat little and often, sometimes taking six meals a day. We try not to restrict ourselves from anything but we don’t over indulge either. We like all kinds of food (and drink), and think it would be a shame not to appreciate them. When we first joined Cirque du Soleil, we would train a lot. Our workout routine was very structured and extremely disciplined. We credit our long Cirque careers, to the time we spent in the gym and the specific exercise routines we developed over the years. Our shoulder workout in particular are very unusual but extremely affective. Over the years we have toned down our workouts and listened to what our bodies are telling us. We still go to the gym but lift light loads and focus more on the right technique. We never weigh ourselves and believe that self-feeling is enough to monitor where you are at in your fitness.



Q3. What is important when it comes to your family?

A3. That we live full and exciting lives together. Every decision we now make, we make as a family. Whether it’s on a personal or professional level. We do not always agree but we respect each other's point of view. We want to never have any regrets and to be able to look back and say, “What a life that was!" If there’s one thing we hope to teach our children, it’s to never be afraid to follow your dreams. It may not always be easy but if you have the passion, determination and willingness to work for it, you can achieve anything.


Q4. How do you build your family stronger and healthier?

A4. By Passion, Purpose and Patience. We will never ask our children to do anything we wouldn't do ourselves. We lead by example, so to speak. It is important that we continue to grow on a personal and professional level. We’re always looking for new inspiration and new challenges. We’ve had an amazing career with Cirque du Soleil so far, and we now hope to show some of this to our children. We will continue to approach life as an adventure, as there is so much we still can learn. The world is our classroom!


Q5. How do you manage to be successful artists and parents at the same time?

A5. Being successful Cirque du Soleil artists and parents at the same time does not come without its challenges, but the rewards by far outweigh the difficulties. Seeing your children in the audience and the excitement in their eyes as you perform for them, makes it all worth while. We want to make them proud!



Q6. How do you overcome difficulties as a family and as individuals?

A6. We overcome them as a family. We have very strong family values and are fortunate in that we have a very close family unit. We owe a lot to our parents. We know that if it was not for them, and the lessons they gave us, we would not be where we are today.

Andi - I don’t look at things as difficulties but more as learning experiences and boy, have I learnt a lot. The older I get and especially since becoming a father, I have realized that some problems are not real problems. I keep my life very simple and always focus on what’s important. My family!

Kev - It’s all about the way one perceives difficulties. I usually ask myself a series of questions. Firstly, “Do I have a problem?” If the answer is NO, then I don’t worry about it. If the answer is YES, then I ask myself “Can I change it?’ If the answer is NO, then I don’t worry about it. If the answer is YES, then I put all my focus on changing, or overcoming it. My point is, don’t worry about something that you can’t change.

Gasya - I don’t shy away from them. If I know something is going to be difficult, it makes me more determined to attack it head on.



Q7. What is the best and the hardest part of being circus artists?

A7. Andi - The most rewarding part is to receive the appreciation from the audience after every performance/show. The hardest part is not being able to bath and put my kids to bed every night.

Kev - The best part is that you feel a belonging to a bigger community. A multitude of disciplines with one common language. We have some amazing friends from all over the world, and these friendships are very precious to us. The hardest part was always the unsocial working hours. Shows are generally in the evenings and weekends. As a result, we often missed out on some fun times with friends. We wouldn’t change it for the world though.

Gasya - The best part of being a circus artist is performing. I feel alive when I perform. The hardest part was putting my professional career aside to have children. I wanted both but that wasn’t possible at the same time. This just gave me more determination to get back after having two children.


Q8. What is the best and the hardest part of being parents?

A8. Andi - The best part of being a parent is seeing your children’s personality develop and appreciating all the little moments it took to get them there. The hardest part in the beginning was coming to terms with the fact your life is no longer your own, which now I’m completely grateful for.

Kev - Still now, the best part is when my son falls asleep in my arms. From the first moment I held him, I knew that I would never tire of having him in my arms. I love also to see the excitement and pride in his little eyes, when he learns something new. The hardest part is the self sacrifice. Always putting your children and family first means that sometimes you have to make some very hard choices, and we have made some very difficult choices in our careers. Choosing to be a parent, however, comes with a huge responsibility and can never be compromised. Family must always come first.

Gasya - The best part of being a parent is learning from your children. They taught me to enjoy and be grateful for the simple memories. The hardest part is leaving them.


Q9. If you have any message for the audience, what would you want to share with them?

Don’t be afraid to follow your dreams and understand that your dreams do not have to stop if you ever decide to start a family. In life, try to take any presented situation and look, firstly, at what benefits can be gained from it. If it's something that you feel would be advantageous for you and your family, take a look at any obstacles, if any, that may be in the way. Then, do what is necessary to overcome these obstacles.


Thank you very much Andrew, Kevin and Gasya!


Atherton Twins Website : www.athertontwins.com

Andrew Instagram : andiatherton

Kevin Instagram : kevin.atherton

Gasya Instagram : gasya


#aerial #straps #handbalancing #UK #Kazakhstan

Q1. どのようなきっかけでサーカスを始めたのですか?

私たち(アンドリューとケビン)は、2001年にモントリオールのシルクドゥソレイユの本社で行われた、ジェネラルフォーメーションというトレーニングに招待されたのがきっかけでサーカスを始めました。その数年前に、中国で行われた体操の世界大会に出場していた際に、シルクドゥソレイユのキャスティングスカウトに声をかけられました。その時は、会社のことはあまり知りませんでした。ですが、ロイヤルアルバートホールで初めて彼らのショーを観覧した際に、これが自分たちのやりたいことだと確信しました。すぐに恋に落ち、そこから一度も振り返ることなく前に進んできました。

 ガチアは、私たちが初めて出演したショーで、2006年よりオーストラリアをツアーした「バレカイ」というショーからシルクドゥソレイユに参加しました。その当時、彼女は17歳で、スポーツアクロバットの選手として活動してました。

 私たち3人は、新しい「アイリス」というショーのクリエーションに参加するまでの4年間、共にツアーをしました。「アイリス」は、もしかしたら、シルクドゥソレイユが創った最も美しいショーの一つなのではないでしょうか。

Q2. 19年以上もの間、シルクドゥソレイユで働いていて、一度もショーを休んだことがないと伺いました。どのようにメンテナンスをされているのですか?

ケビンは、たったの一度もショーを休んだことはありません。私(アンドリュー)は妻のガチアの出産に立ち会うために、残念ながら何日か休みましたが、そのことを全く後悔はしていません。

 健康と食生活に関して言えば、私たちは皆、とてもバランスのとれたルーティーンがあります。私たちは、一回の量を少なく、数回に分けて、時には1日6回に分けて食べています。なるべく何に対しても制限をしないようにしていますが、自分たちを甘やかしすぎることもしません。私たちは、どんな食べ物(や飲み物)も好んで取ります。どんな食べ物(や飲み物)に対しても、感謝をしないことは残念なことだと思っています。

 シルクドゥソレイユに参加した当初は、多くのトレーニングをしていました。私たちのワークアウトは、とてもよく構成され、鍛錬されたものです。私たちの長いサーカスでのキャリアは、ジムで費やした時間と、私たちが何年もかけて開発してきた特殊なエクササイズのルーティーンのおかげだと思っています。肩の特殊なワークアウトは、独特ですが、とても効果があります。ここ数年では、エクササイズを少し控え、自分達の体が訴えていることに耳を傾けるようにしています。ジムには行きますが、ウェイトの重さよりも、正しいテクニックに集中するようにしています。私たちは、体重を測りません。どのように自分の体を感じるか、自分の感覚が、体の健康を測るのに充分だと信じています。

Q3. 家族として大切なことは何ですか?

充実し、胸を踊らせるような人生を共に歩んでいくことです。決断は、私的なことであっても、家族のことであっても、今は、全て家族で決めています。私たちは、いつも意見が合うというわけではないのですが、お互いの意見や視点を尊重しています。決して後悔はしたくなく、過去を振り返って、「なんて素晴らしい人生だったんだ!!」と言えるようでありたいと思っています。何か一つ、私たちの子供たちに教えることができるのならば、「決して自分の夢を追いかけることを恐れないで。常に簡単なことではないかもしれないけれど、もし、情熱、意志の強さ、努力をする意欲があるのなら、どんなことでも叶えられる。」ということです。

Q4. どのようにして、強く、健康な家族関係を築いているのですか?

情熱、決意と忍耐強さです。私たちは、自分たちがしないことを、決して子供たちにさせることはありません。言うならば、模範となるように心がけています。個人として、アーティストとして、成長し続けることは、とても大切なことだと思っています。私たちは常に新しいインスピレーションとチャレンジを探しています。

 今のところ、私たちはシルクドゥソレイユと培った素晴らしいキャリアがあります。今は、それを子供達に見せたいと望んでいます。これからも人生を冒険として、まだまだ学べることがあるとして、臨んでいきたいと思っています。世界は、私たちの教室です!

Q5. どのようにして、キャリアと親としての成功を同時に成し遂げているのですか?

シルクドゥソレイユのアーティストとして、そして親として、同時に成功を成し遂げることは、チャレンジなしでは不可能です。ですが、得られる報いは、その厳しさをはるかに上回るものがあります。子供たちが、私達のパフォーマンスを見て、その目が輝いているのを見たとき、全てが報われたような気持ちになります。彼らに誇りに思って欲しいと願っています。

Q6. どのようにして、困難を乗り越えていますか?

家族一団となって乗り越えていきます。私たちは家族をとても大切にしていて、幸運なことに、家族の絆はとても強いです。私たちの両親が教えてくれたことに、とても感謝をしています。彼らのおかげで、今の私たちがあります。

アンドリュー 物事を困難と捉えることはないですが、経験として、たくさんのことを学びました。年をとるにつれ、特に父親になった今は、幾つかの問題は、実際には問題ではないということに気付きました。人生をとてもシンプルに保ち、常に大切なことだけに集中しています。それは家族です!

ケビン 困難をどのように捉えるかが全てです。通常、自分に対して決まった質問をします。まずは、「私は問題を抱えているのか?」もし答えがノーなら、そのことに対して心配をすることは止めます。もし答えがイエスなら、次の質問「私に変えることができるのか?」もし答えがノーならば、心配をすることは止めます。もし答えがイエスならば、変えることや、乗り越えることに集中します。つまりは、「自分が変えられないことを心配しない。」ということです。

ガチア 私は、困難を避けることはしません。もしそれがとても難しいことになるとわかっているのであれば、より断固として、真正面から向かっていきます。

Q7. サーカスアーティストで良かったと思うこと、辛かったことは何ですか?

アンドリュー 最も素晴らしいことは、毎回のショーの後に、観客から喝采を浴びることです。最も大変なことは、子供たちをお風呂に入れて、ベッドに連れて行くことができないことです。

ケビン 最も素晴らしいことは、大きなコミュニティーの中に属していると感じれることです。多数の訓練されたスキル(アクト)が一つの共通語で繋がっています。私たちには、世界各国からの素晴らしい友人がいて、この友情は、とても貴重なものです。最も大変なことは、規定外の労働時間であることです。ショーは通常は夕方から、そして週末です。その結果、友人との楽しい時間を逃すことが多いです。友人との時間、それがあればパーフェクトです!

ガチア 最も素晴らしいことは、パフォーマンスをすることです。ステージに立っているときは、生きている!という心地がします。最も大変なことは、出産の際にプロフェッショナルなキャリアから離れなければいけなかったことです。両立をしたかったのですが、それは、同時には不可能なことでした。2人の子供を出産した後にステージに戻ることは、より多くの意志の強さを必要としました。


Q8. 親になり、良かったと思うこと、辛かったことは何ですか?

アンドリュー 最も素晴らしいことは、子供たちの成長と、彼らを成長させることとなった全ての小さな出来事に対して、彼らが感謝をしていることが見られる時です。最も大変だったことは、子供が生まれた当初、自分の人生はもう自分だけのものではないという事実に直面した時です。ですが、今はもう完全に感謝の気持ちでいっぱいです。

ケビン 最も素晴らしいことは、今でも、息子が私の腕の中で眠る時です。初めて彼を腕に抱いた瞬間、彼を腕に抱くことは、決して飽きることはないだろうと確信しました。それから、彼が新しいことを学ぶ際に、彼の目がワクワクして、誇り高く輝くのを見るのが大好きです。最も大変なことは、自分を後回しにしなくてはいけない時があることです。子供と家族を一番に考えることは、時に、とても難しい選択をしなくてはいけません。私たちは、仕事に関して、難しい決断をしてきました。親になることを選ぶということは、大きな責任があり、決して妥協はできません。家族はいつでも必ず最優先でなくてはなりません。

ガチア 最も素晴らしいことは、子供達から学べることです。彼らは私に、シンプルな瞬間を楽しむこと、感謝をすることを教えてくれました。最も辛い時は、彼らから離れる時です。

Q9. もし読者にメッセージがあればお願いします。

夢を追いかけることを恐れないで。そして、家族を持ちたいと決めた時に、夢を諦める必要はないことを理解してください。人生の中で、目の前に訪れたどんな出来事にも向き合い、観察し、まず、そこからどんなプラスのことが得られるのか考えてみてください。もしそれが、あなたとあなたの家族にとって、良いことなのであれば、どんな壁があるのかよく見てみてください。もし何かあなたを遮るものがあるのなら、その障害を乗り越えるために必要なことをしてください。

Atherton Twins Website : www.athertontwins.com

Andrew Instagram : andiatherton

Kevin Instagram : kevin.atherton

Gasya Instagram : gasya


0 views

ラスベガス在住 日本人フォトグラファー

© 729 DESIGN LTD MAI SATO PHOTOGRAPHY

  • Facebook
  • Instagram